妊娠線を予防するならケアが大切!マタニティケア情報局

妊娠したら始めよう

ケアは必須

クリーム

妊娠した時には、産後も元の体型に戻す為に妊娠中から身体のケアをしておく必要があります。体型維持はもちろんですが、多くの女性が見落としがちなのが妊娠線の予防ケアです。お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られて亀裂のような線が発生しますが、この線のことを妊娠線と言います。妊娠線は一度できてしまうと消えにくいと言われているので、できるだけできないように予防をすることが大切なのです。予防ケアをしていた人の妊娠線発生率が40%程度なのに対して、ケアをしていなかった人の場合は80%から90%近くの人は妊娠線ができてしまうとも言われています。お腹のみならず、妊娠線は太ももやお尻、バストにも発生しやすいので、クリームなどを活用して保湿ケアをしておくのが良いでしょう。最近ではケアコスメも数多く誕生しているので、自分の体質に合ったタイプを利用すれば簡単に予防することができます。

体質をチェック

妊娠線の予防ケアを同じようにしていても結果に個人差があるように、妊娠線が出来やすい体質というものもあります。妊娠線ができやすいのは皮下脂肪が多い肥満体質の人、また、一度出産経験のある人も初産の人よりも妊娠したときに妊娠線ができやすいです。一度出産をしている人は子宮が伸びやすいので妊娠することによって、急にお腹が大きくなりやすいからと言われています。他にも、骨盤が小さい小柄な人はお腹が大きくなることによって皮膚への負担が大きくなり、妊娠線が発生しやすいでしょう。乾燥肌の人や栄養不足の人も妊娠線はできやすいですが、この場合は予防ケアや食生活を整えることによってすぐに改善できます。

成分を知ろう

女性

妊娠線を予防するのに効果的な成分は数多くありますが、中でも最も注目度が高いのがシラノールと呼ばれる成分です。アンチエイジングケアでも利用されるプラセンタも予防に効果的です。

詳細を確認する...

様々な種類がある

クリーム

妊娠線を予防するときに利用するコスメには、クリーム、ローション、オイルの3種類があります。最も人気があるのがクリームタイプで、保水と保湿のケアができるのが特徴です。

詳細を確認する...

効果的に利用しよう

妊婦

妊娠線予防をする為には、妊娠初期からケアをしておくのも1つのポイントです。加えて、ケアコスメは1日数回、安全性の高いタイプを利用することが大切です。正しいケア方法を実践することで予防することができるでしょう。

詳細を確認する...